twitter

段ボール用語 段ボールのカット方法や接合材について

Category : テーマ[段ボール]の一覧

段ボール用語はさまざま多様な用語があります。

用語を聞いただけで内容が分かる物と 想像がつなかないものがあるので、説明していきたいとおもいます。

まずは段ボールのカット方法や接合材について説明します。

【 カッティングダイ 】

段ボールに穴を開けたり、湾曲(アーチ形に曲がり)や多彩な形に合板または鋼板にて切断、ナイフで直線に 切を出したこと

【 接合材 】

段ボールの製造に使う接合材としては、次のような種類がある。

1)接合用接着剤:段ボールボックスの製造に使う接合材として主に合成樹脂系の接着剤があり、他には封緘に使う接着剤である。

段ボール用接着剤には、ケイ酸ソーダ、澱粉、酢酸ビニル、合成樹脂系などのいくつかの種類が使用されているが、最近では、 澱粉が、その主流をなしている。

2)接合用平ワイヤー:段ボール箱の製造に使う接着剤として主に亜鉛、銅メッキをして防錆をハンドンラインがある

3)接合用テープ:段ボール箱の製造に使う接合体で、主に紙、布、テープ、その他の縫合用テープもある。

【 パッド 】

ボックス内の商品を安定させるために使用され、主に板状の状態のことをいう。

【仕切(断り)】

ボックス内の商品をいくつかに分割して支持するために使用され、板状の状態のことをいう。

【スコア】

段ボールのフルートに直角に入れた罫線。

【スリット】

段ボールのフルートを直角または平行に切ること。

【スロットアップデート】

A型ボックス、C型ボックスなどの翼間を切り取ること。

Post a comment

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans